第15回勉強会「避難所での感染症発生を防ぐために-薬剤師との連携・協働を考える-」を開催しました

8月8日に第15回チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンター勉強会「避難所での感染症発生を防ぐために-薬剤師との連携・協働を考える-」を開催しました。

この日は、チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターの関係者の他、長岡市内外から多くの薬剤師の皆さん、約60名程の方が参加してくださいました。

講師は熊本県の薬剤師で、熊本地震の際には避難所となった益城町総合体育館で薬剤師として活動をして、ノロウイルスの発生を0に押さえた経験をお持ちの大森眞樹さん。

薬剤師と言うと、薬局で薬を調剤して渡してくれる方と言った程度の認識しかなかったのですが、食中毒や感染症発生防止のための様々な知識やスキル(手指消毒のための手洗い・消毒薬、嘔吐処理のための消毒薬、エコノミークラス症候群防止のための様々な対策など)を有していることや、普段から学校でも活躍されていることなどを初めて知ることができ、薬剤師さんと連携することで、避難所の衛生環境をかなり改善できる可能性があることを認識させられました。

災害時には、多くの学校が指定避難所になりますが、各学校には、学校薬剤師さんがいらっしゃると言うことなので、こういった皆さんと普段から連携を図ることで、災害時の関連死や病気の発生などをかなり抑えられる可能性があるのではないかと感じました。

また、薬剤師の皆さんの世界では、様々な団体で意見交換を行うケアカフェと言うものが行われており、こういった取組みにチーム中越も加えていただきながら連携を深めさせていただきたいと感じました。

この日は、長岡市薬剤師会の会長さんをはじめ、多くの薬剤師さんの皆さんに出席いただいたおかげで、チーム中越としても新たなつながりをつくることが出来ましたので、このつながりを大切にこれから災害時にうまく機能する仕組みをつくりあげていきます。

チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンター 総会

5月15日にチーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターの総会が開催されました。

総会では、昨年度に実施した以下の事業報告ならびに会計報告がなされました。

一般事業
協働団体・構成団体連絡会(総会)の開催
・チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンター総会(平成30年5月11日)
・北陸銀行賞受賞記念祝賀会(平成30年11月26日)
勉強会の開催
・第13回勉強会「近年の国内災害と支援活動や平時の地域防災の取り組みと今後に向けた視座を探る」(平成30年5月11日)
・第14回勉強会「災害時の技術支援を考えるワークショップ」(平成30年10月23日)
検討会の開催
・物資等支援・受援体制検討会の開催(平成30年6月28日)
・技術系災害ボランティアの発掘・育成・連携を考える検討会準備会の開催(平成31年3月19日)
・災害ボランティアセンター設置訓練の検討・実施
・災害ボランティアセンター設置訓練勉強会(平成30年5月14日)
・災害ボランティアセンター設置訓練の検討(平成31年2月1日)
災害支援事業
・平成30年7月豪雨被災地支援
・北海道胆振東部地震厚真町支援
・平成29年九州北部豪雨被災地支援

今年度の事業計画ならびに予算についても、承認がなされました。

一般事業
・協働団体・構成団体連絡会(総会)の開催
・勉強会の開催
「スフィアプロジェクト」等をテーマに実施予定。
・検討会の開催
「技術系災害ボランティアの発掘・育成・連携」「企業との連携」など
・災害ボランティアセンター設置訓練の検討・実施
・長岡協働型災害ボランティアセンターサイトの更新
災害支援事業
・自然災害対応

総会終了後は、交流会が開催され会員団体間の交流を深めました。

九州北部豪雨の被災地からの視察

3月25日、26日の一泊二日の行程で、平成29年の九州北部豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市で支援活動を行っている皆さんが、今後の支援活動の復興の参考にしたいと言うことで、中越に視察に来られました。

一日目は、まず、きおくみらいの見学。
そして、今後、日田でも取り組んでいきたいと言う「地域防災講座インストラクター(災害食)制度」についての意見交換。
「地域防災講座インストラクター(災害食)制度」は中越防災安全推進機構が平成28年からインストラクターの育成を始め、現在は長岡市の事業の一環として、自主防災会などにインストラクターの皆さんを派遣して災害食講座を行っているのですが、その制度の建付けや内容などについて説明をさせていただきました。
「素晴らしい仕組みなので、ぜひ、日田でも展開したい」との言葉をいただきましたので、今後は長岡からの水平展開も考慮しながら、まずは情報共有をしていく予定です。

その後は、きずな館でNPO法人くらしサポート越後川口の皆さんと情報交換。
日田でも、今後災害の伝承をしていきたいと言うことで、川口における記録紙の作成などについてお話をいただき、意見交換をさせていただきました。

二日目は、山古志の視察です。
まずは、おらたるで山古志の復興の歩みについてのヒアリングとおらたるの見学。
山古志の場合は全村が被災したのに対して、日田のケースは一部集落の被災と言うことで、被災の状況に差はあるものの、同じ中山間地の集落の歩みと言うことで、参考になる点も多かったようです。

 

そして、木籠の郷見庵の見学。
現在の木籠集落の取組みや震災からのあゆみについてご紹介いただきました。
集落外の方々と行っている「ふるさと会」の取組みなどは、いろいろと参考になる点があったようです。
また、最近作られた「紙芝居」の取組みや郷見庵の展示なども、今後、日田で伝承を行っていく上でのヒントになったようです。

最後は、多菜田での昼食と代表の五十嵐さんからのお話でした。
食事だけでなく、多菜田の成り立ちや理念などにも、皆さんとても興味深くお話を聞かれていました。

一泊二日の弾丸ツアーで、盛りだくさんの日程でしたが、中越のこれまでの歩みだけでなく、中越の皆さん自身が地震をきっかけに様々な取組みをされたり、その経験を伝えようとしていることに、感銘を受けられていたようでした。
今度は、ぜひ地域の皆さんもつれてきたいとのことでした。

同じ市域で活動をする団体として、活動の情報共有などを行いながら、互いに切磋琢磨していけたらと思います。

北越銀行賞受賞祝賀会を開催しました

チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターが北越銀行賞をいただいた喜びを、協働団体の皆さんと分かち合うために受賞祝賀会を開催しました。

受賞記念講演では、代表の羽賀さんより「長岡はなぜ危機に強いのか」という題目でお話をいただきました。
越後長岡藩の「常在戦場」の精神から、チーム中越のこれまでの歩みなどをふり返りながら、現在の市民協働・官民協働の防災体制がなぜ機能しているかなどについてお話いただきました。
私達チーム中越の一員にとっても過去を振り返り、今の立ち位置を再認識するとても良い機会になりましたし、途中から関わられている行政職員の方々にもチーム中越を改めて知っていただく良い機会になったのではないかと思います。

また、チーム中越の活動にご理解をいただき、多くのご支援をいただいた企業や団体の皆さんにも感謝状を贈呈させていただきました。

チーム中越では、これまで国内外の災害の支援活動をさせていただきましたが、本当に多くの皆さんのご支援があって活動を続けてくることが出来ました。
資金的にも沢山の支援をいただいただけでなく、支援の現場でも私達だけではできないような多くの人的・技術的な支援もいただきました。
今回、感謝状を差し上げた企業・団体の皆様はじめ多くの皆さんに、心より感謝申し上げます。

祝賀会の後半は、チーム中越らしくゆるい感じでの交流会です。
普段はゆるくつながりながら互いに知り合い、いざと言う時には協働できるそんなつながりをチーム中越では作っていきたいと思っています。

 

【案内】北越銀行賞受賞記念祝賀会

この度、チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターの10年間にわたる災害支援活動や、長岡における「協働型災害ボランティアセンター」の活動が認められ、第42回北越銀行賞をいただくことができました。
これもひとえに平素からの構成団体・協働団体の皆様や、災害支援活動に協力いただいている市民の皆様のご支援ご協力の賜にほかなりません。
つきましては、今回の受賞を記念すると共に、皆様とのつながりや絆を深めるために受賞記念祝賀会を以下の通り、開催いたしますので、奮ってご出席いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

日時;平成30年11月26日(月)18:30~21:00
場所;長岡震災アーカイブセンターきおくみらい
〒940-0062長岡市大手通2‐6フェニックス大手イースト2F
会費;3,000円

プログラム
18:30~ 開会
18:35~ 北越銀行賞受賞記念講演
「長岡はなぜ危機に強いのか」
講師:チーム中越 代表 羽賀友信
19:30~ 北越銀行賞受賞記念パーティー
21:00 閉会

申込;氏名、所属、メールアドレス、電話番号を記載の上、11月16日までにFAXもしくはメールで以下の連絡先までお申し込みください。

問合せ・連絡先;
公益社団法人 中越防災安全推進機構 地域防災力センター 担当;河内
〒940-0062長岡市大手通2-6 フェニックス大手イースト2F
TEL 0258-39-5525 FAX 0258-39-5526 E-mail: t-kawauchi@cosss.jp

 

災害時の技術支援を考えるワークショップを開催しました

災害時の技術支援を考えるワークショップをきおくみらいで開催しました。
各地の災害現場で活躍されている技術系の専門ボランティアの皆さんや災害ボランティアセンターの関係者の他、建築などを専門にやられている業者さんにもお越しいただき、屋根上のブルーシート張りや床下の泥出しの工法や工具の他、技術系の活動を支える仕組みなどについてなど、いろいろと意見交換を行いました。

前半の講義では、全国の災害現場で活躍されているDRT-JAPANの黒澤さんからのお話。
一般の災害ボランティアでは作業が難しい、屋根上のブルーシート張りや重機を用いた土砂撤去などの作業、床下からの土砂撤去作業などの活動状況や、課題についてお話いただきました。

後半のワークショップでは、
①地震災害(屋根上)支援を考える
②洪水・土砂災害(床下・土砂撤去)支援を考える
③技術系災害ボランティアを支えるための仕組みを考える
の3チームに別れ、ワークショップを行いました。

①地震災害(屋根上)支援を考えるでは、地震などで瓦が崩れた際に応急処置として、どのような作業が必要かを実演いただいた後で、中越地震の際に瓦の応急処置を実際に行った本業の瓦屋さんからの説明などを交えながら、実際にどのような工法があると良いかについて話し合われました。
割れた瓦の下にトタンをはさむことで応急処置になると言った話や、棟を覆うブルーシートを簡単に止められるような工具があると良いと言った具体的な工具の提案もなされました。

②洪水・土砂災害(床下・土砂撤去)支援を考えるでは、被災者の金銭面を考慮して、既存の部材の再利用を考えた方が良いと言った話や、住宅の基礎構造を知っておく必要があると言った話が出されました。また、床下の作業や土砂撤去作業の効率を良くするためにはどのような道具があったら良いかと言う話では、持ち運びの出来る小型のベルトコンベア、効率の良い除湿剤、水にぬれても書けるチョーク、女性でも使える工具シリーズ、水害復旧スターターキットなどのアイデアが出されました。

③技術系災害ボランティアを支えるための仕組みを考えるでは、作業のビフォア・アフターがわかるような啓発、支援マニュアルの作成、人材発掘や育成、災害ボランティアセンターとの連携の仕組みづくりやコーディネーターの育成、資金的なバックアップ、資機材や人材のネットワーク構築など、技術系の災害ボランティアの皆さんの活動を支えるための様々なアイデアが出されましたが、それらをより具体化するために関係者が集まっての検討会を行う必要があるのではないかと言う結論が出されました。

半日のワークショップでしたが、技術系の災害ボランティアの皆さんの活動について理解が深められた他、様々な分野の人たちが集まってアイデアを出し合うことで、新たなアイデアを生み出すことが出来ました。

今後は、今回参加いただいたコメリさんにもかかわっていただきながら、災害時に使える新たな商品開発につなげると共に、技術系の災害ボランティアの皆さんや社協、行政、NPOの皆さんなども含めて検討会を行い、災害時に技術系の災害ボランティアの皆さんの活動がスムーズに行えるような仕組みづくりの検討をしていきたいと考えています。
また、大阪地震の被災地では、まだまだブルーシートをかける人手が足りていないと言うことですが、今回のワークショップを契機に地域や業界を越えた支援体制の構築にもつながっていきそうです。

平成30年7月豪雨・岡山県支援団体との意見交換会

10月21日、22日に岡山県笠岡市の支援を行われている皆さんが、中越を訪問されました。
笠岡市では、地元の地域おこし協力隊などの皆さんが中心となり、民間の災害ボランティアセンターを運営されるなど、従来にはない形で災害支援をされていたということで、発災から現在までについての活動などを紹介してもらいました。地域のこと、そこに住んでいる人のことが良くわかっているからこそできる支援をされており、本当に凄いと感じました。

これから笠岡においても、協働で防災のまちづくりを進めていきたいということで、チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターの取組みを紹介させていただいた上で意見交換をさせていただいたのですが、むしろ私達にとっても大きな学びがありました。

今回の意見交換を通して、災害支援を行うにはやっぱり地元の市町村で核となってくれる人の存在が大切なこと、そして、その核となり得る地域おこし協力隊の皆さんがいろいろな地域にいること、災害の支援活動や復興の経験などを学び合うことの大切さを改めて感じさせられました。

今後もチーム中越では、市町村域で頑張っている皆さんとの交流を通して、互いの地域を良くするために切磋琢磨をしていけたらと思います。

北海道胆振東部地震・厚真町支援

10月8日、9日の二日間にわたって、(一社)北海道災害対策協議会からの要請を受けて、チーム中越より水澤、河内の二名で厚真町に行ってきました。

今回の訪問では、北海道災害対策協議会の皆さんや厚真町社会福祉協議会の皆さんと意見交換を行った他、地震による土砂崩れにより大きな被害が発生している地域を案内いただきました。

被災から一か月が経過していることもあり、厚真町に通じる道路はほぼ通れるようになっていましたが、地震により崩落した大量の土砂が流れ込み倒壊した家屋や農地などはまだ手付かずの場所が多くあり、復旧までにはまだまだ時間がかかりそうな状況でした。

災害ボランティアセンターでは、これまで地震で壊れた家具などの災害ゴミの搬出などの作業を中心に行われていたとのことですが、1か月が経過し、片付けのニーズが減ってきたこともあり、土日祝日のみのボランティア募集に変更したとのことでした。
また、北海道内の青年会議所OBを中心に構成されている北海道災害対策協議会では、厚真町災害ボランティアセンターと連携しながら、一般ボランティアでは対応が難しいニーズについて対応をされていました。


社協と北海道災害対策協議会が連携して動き、そこに全国からの重機ボランティアの協力があったことで、かなり良い形で支援活動が行われてきたのではないかと思いますし、北海道のメンバーが中心になって支援活動を行えて来たことはある意味理想的な形とでもいえるのではないかと思います。

今後は、生活再建など被災者の皆さんに寄り添った支援が必要になってくると思いますが、チーム中越としても厚真町の社協や北海道災害対策協議会の皆さんなどの現地の支援団体を支える形で支援活動を継続出来たらと考えています。
支援のフェーズ、フェーズで現地から求められるニーズも変わってくると思いますので、その都度、適当な人材の派遣を行ったり、北海道からの中越への視察受入れなどを通して、私達の経験や教訓を少しでも現地の復興に役立てられればと思います。

ちなみに、厚真町は寺泊出身の青木与八氏が開拓された地とのことで、長岡とは縁ある地と言うことです。
こういった過去のつながりも大切にしながら、厚真町の復興を支援していきたいと思います。

【案内】災害時の技術支援を考えるワークショップを開催します。

背景ならびに目的
東日本大震災、熊本地震、九州北部豪雨などの災害においては、DRT JAPANなどの土木や建築などの専門の技術や知識を持った災害ボランティアが、重機を用いた土砂等の撤去作業や屋根のブルーシート張り、チェーンソーなどのパワーツールなどを扱う作業など、一般のボランティアには難しい作業を担うことで、被災地の復旧・復興に大きな役割を果たしています。
しかしながら、屋根に張るブルーシートや土嚢袋などといった資材は、汎用の商品を用いているために使い勝手が悪いなどといった課題がある他、それらの活動は特殊技術を求められるために交代要員の確保が難しいことから、限られた技術系災害ボランティアの皆さんの熱意によって成り立っているのが現状です。
そこで、今回は支援現場での作業効率や機能性を向上するためにはどのような商品が求められているかを明らかにすると共に、技術系災害ボランティアの活動を支えるための仕組みづくりやその可能性について考えるワークショップを行い、今後の技術系の災害ボランティアの皆さんの活動の支援につなげます。

実施日時;平成30年10月23日(火)13:30~16:30
実施場所;長岡震災アーカイブセンターきおくみらい
〒940-0093長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト2F

特別ゲスト
・ NPO法人コメリ災害対策センター
・神林瓦店

参加対象者
・技術系災害支援に関係する民間団体関係者
・新潟県ならびに市町村の防災担当者
・新潟県ならびに市町村社協職員  など

プログラム
1. 講義「技術系災害ボランティアによる災害支援活動とその課題」
講師;黒澤司氏(DRT-JAPAN)
2. ワークショップ
1グループ;地震災害(屋根上)支援のための商品開発を考える
2グループ;洪水・土砂災害(床下・土砂撤去)支援のための商品開発を考える
3グループ;技術系災害ボランティアを支えるための仕組みを考える
3. 発表・共有
4.交流会(17:00~有料)

申込
氏名・所属・電話番号・メールアドレスを明記の上、メールもしくはFAXにて、中越防災安全推進機構の河内までご連絡ください。
E-mail t-kawauchi@cosss.jp FAX 0258-39-5526
※交流会に参加される場合は、申込時に合わせてご連絡ください。

平成30年7月豪雨支援活動報告会を開催しました

8月31日に平成30年7月豪雨支援活動報告会が開催され、約35名程の皆さんから参加いただきました。

平成30年7月豪雨では、長岡市からは幕末の縁と言うこともあり、岡山県の高梁市に官民連携の支援チームを派遣し、支援活動を行ってきました。
今回の報告会では、高梁市における支援活動を中心に、チーム中越のメンバーが関わった他の被災地支援の話も交えて報告を行っていただいた他、後半は今回の災害を受けて、遠方の私達としてどのような支援が出来るのか、また、長岡で水害が発生した時のためにどのようなことが出来るのかについて意見交換を行いました。

報告からは、過去に被災のない地域で起こった災害のために、避難所運営や災害ボランティアセンターの運営、それに行政による生活再建支援など過去に経験されたことのない支援活動を行わなければいけなかったために、行政や社協など現地で支援に当たられている皆さんがいろいろとご苦労されている様子がうかがわれました。
だからこそ、被災経験のある市町村からの支援が必要になるのだと感じさせられると共に、被災する前から被災後の様々な対応についても市町村の枠を越えて伝えていく必要性を感じさせられました。
そういう意味でも私達、長岡の果たすべき役割・責任は決して小さくないのだと思います。

また、今回の災害では、中越地震の復興支援員制度をヒントとして誕生した地域おこし協力隊の皆さんも、岡山県内の各地で精力的に支援活動を行われているということでした。
中越地震では、地震をきっかけとして地域をサポートする支援員制度が生まれましたが、今回の豪雨災害では、それとは逆に平時から地域で活動をしていた地域おこし協力隊の皆さんが地域の支援活動を行っていることは、非常に興味深いことだと思います。
地域おこし協力隊の皆さんとは、研修等を通じて発災前から中越防災安全推進機構と接点があったこともあり、日本財団のバックアップをいただきながら今後も支援をしていく予定です。

今回のような遠方の災害では、なかなか中越から直接的な支援は難しいと感じていますが、一方で我々中越にいるメンバーが持つネットワークを活かすことで様々な形の支援の可能性があることも少し感じさせられました。

また、災害を経験していない未災地に長岡の経験をつないでいくことも大切なことですが、同時に長岡の中でもしっかりと被災の経験をつないでいく必要があります。
災害が多い長岡ですが、幸いここ5年間は災害に見舞われていません。
しかし、だからこそ次の世代に私たちの経験をどのようにつないでいけるのか、災害が起こっても対応できるような力を維持・向上させるためにはどうしたらよいかをしっかりと考えていきたいと思います。