ブログ


サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

【実施報告】総会+第13回長岡協働型災害ボラセン勉強会「近年の国内災害と支援活動や平時の地域防災の取り組みと今後に向けた視座を探る」

5月11日にチーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターの総会ならびに第13回目となる勉強会を開催しました。

総会では、チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターの一年間の活動を報告すると共に、今年度の計画について報告をさせていただきました。
昨年度の実施した事業ならびに今年度の事業計画は以下の通りです。

【H29年度一般事業】

  • 第12回長岡協働型災害ボランティアセンター勉強会「災害時の物資支援のあり方を考える」
  • 第1回物資等支援・受援体制検討会
  • 災害ボランティアセンター設置訓練の検討

【H29年度災害支援事業】

  • 平成28年熊本地震支援
  • 糸魚川大規模火災支援
  • 九州北部豪雨支援

【H30年度事業計画】

  • 協働団体・構成団体連絡会(総会)の開催
  • 長岡協働型災害ボランティアセンター 勉強会の開催
  • 物資等支援・受援体制検討会の開催
  • 災害ボランティアセンター設置訓練の検討・実施
  • 長岡協働型災害ボランティアセンターHPの更新
  • 自然災害対応

総会に引き続き、全国各地で様々な活動をされているFEEL Doの皆さんと共同で第13回長岡協働型災害ボランティアセンター勉強会「近年の国内災害と支援活動や平時の地域防災の取り組みと今後に向けた視座を探る」を開催させていただきました。

勉強会では、「被災者・地の支援活動」「広域支援・後方支援」「平時の地域防災力向上」と言う3つのテーマに関して、FEEL Doの皆さんから話題提供をいただき、それに関して意見交換を行いました。
普段は、長岡での課題を取り上げて話すことが多い、チーム中越の勉強会ですが、今回は長岡以外での活動や課題を知ることができました。
自分達の地域のことを深掘りすることも大切ですが、他地域での取組みなどから改めて気づかされる課題も多くあり、こういった情報交換も有益だと感じさせられた勉強会でした。

今回は、2時間で3テーマと言う、かなり濃密な形での勉強会になりましたが、もっと時間にゆとりを持った形で出来ると次のプロセスも生まれてきそうな気がします。
今後とも、FEEL Doをはじめとして全国で活動をされている団体の皆さんとの連携を深めることでネットワーク構築もはかりながら、災害に強い地域づくりを進めていきたいと思います。

九州北部豪雨支援金の寄付

チーム中越で集めさせていただいた九州北部豪雨への支援金154,584円を、九州北部豪雨の被災地への支援に中心的に関わられているNPO法人Angel Wingsへ寄付させていただきました。
http://r.goope.jp/angelwings
Angel Wingsでは、被害の大きかった朝倉市の支援において、大学生の活動拠点として、宿泊もできる「うきはベース」を運営されており、その拠点の維持費や活動経費に支援金を活用されるとのことでした。

なお、今回の募金には、「長岡花火デザインプロジェクト」「長岡ヘルスケアプラクティス 代表 近藤様」他、多くの市民の方からご協力いただきました。
どうもありがとうございました。

熊本市感謝状贈呈式と熊本支援団体の勉強会に参加してきました。

熊本地震から2年が経過した4月16日、熊本市の感謝状贈呈式に出席させていただきました。

大西市長からは、これまでの様々な団体による支援への感謝の言葉とこれからの熊本市の復興に向けた決意が語られていました。

夕方からは、先日、中越にお越しいただいた熊本市の支援団体の皆さんとの勉強会。


先日の中越視察では、あまり話すことができなかったチーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンターの設立の経緯や、様々な団体が連携した防災・災害支援の体制がどのようにして出来たのか、そして、どのように運営され、なぜそれが維持できているのかと言ったことについて意見交換をしてきました。
しかしながら、中越で協働型の災害支援体制の動きが出てきたのは地震から5~6年後。熊本はまだ震災から2年の段階。あまり焦らずに協働・連携の取組みを作っていただきたいと感じると共に、今の段階ですでにこういった複数の団体が連携して動く形が出来ているのは本当に素晴らしいと感じました。

市の規模は違いますが、チーム中越としても長岡市や中越地域での経験を少しでも、熊本市の支援団体に活かしていただけるように、これからも連携を図っていきます。

【ご案内】総会+第13回長岡協働型災害ボラセン勉強会「近年の国内災害と支援活動や平時の地域防災の取り組みと今後に向けた視座を探る」

チーム中越では、困ったときには互いに支え合えるゆるやかな顔の見える関係を作っていくために「平成30年度チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンター総会」を開催いたします。

また、今年度は総会と合わせて、全国各地の災害現場などで活動をしているFEEL Doの皆さんとの共同により「近年の国内災害と支援活動や平時の地域防災の取り組みと今後に向けた視座を探る」と題して、第13回勉強会も開催いたします。

勉強会では、「被災者・地の支援活動」「広域避難者・後方支援」「平時の地域防災力向上」の3つのテーマについてFEEL Doの皆さんから話題提供をいただくと共に、テーマごとに解決策や支援のあり方について、それぞれの知見を持ち寄りながら意見交換を行います。
また、FEEL Doのような全国域で活動を行っている防災・災害支援関係団体との連携・協働のあり方もあわせて考えます。

大勢の皆さんの参加をお待ちしておりますので、どうぞ奮ってご参加ください。

日時;平成30年5月11日(金)18:45~20:45
場所;長岡震災アーカイブセンター きおくみらい 多目的ホール
長岡市大手通2‐6フェニックス大手イースト2F
参加費;無料(交流会は有料)

プログラム
1.チーム中越/長岡協働型災害ボランティアセンター総会(18:30-18:45)
2.勉強会第1部(18:45~20:45)FEEL Do×チーム中越 意見交換会「近年の国内災害と支援活動や平時の地域防災の取り組みと今後に向けた視座を探る」
①「被災者・地の支援活動」災害ボランティア活動や福祉的支援活動を切り口としながら、これまでと今後の支援のあり方を考えます。
②「広域支援・後方支援」被災地支援では、広域的な支援や後方支援が大きな支えとなります。被災地支援のバックヤードや、広域避難を余儀なくされ方々の受け入れや支援活動のあり方について考えます。
③「平時の地域防災力向上」地域防災活動の裾野を広げ、推進者どうしがつながり育っていくためのあり方について考えます。
3.勉強会第2部(20:45~)  交流会(有料;会費2,000円)


氏名、所属、メールアドレス、電話番号を明記の上、以下の連絡先までメールもしくはFAXにてお申し込みください。

問合せ・連絡先
(公社)中越防災安全推進機構 担当;河内
〒940-0062長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト2F
TEL0258-39-5525 FAX0258-39-5526
Email; t-kawauchi@cosss.jp

熊本市支援団体の皆さんによる中越視察③

最終日の最初は、栃尾地域の仮設住宅でのつながりを今も大切にしながら活動をされている栃尾同住会の千野さんからのお話。
仮設住宅での自治会運営や現在も続くボランティア学生との交流や被災地支援活動などについて、その経緯や取組みなどについてお話いただきました。

そして、多世代交流館になニーナの佐竹さんからの長岡市での子育て支援の取組み。佐竹さん自身のエピソードも交えながら、震災を経てどのように子育て支援の活動が変化してきたのかなどをお話いただきました。
長岡市の子育て安心の避難所が熊本地震での気づきから生まれたものと言うことには、熊本の皆さんも驚かれていました。

三日間の視察を通じて、中越では地震をきっかけに様々な変化があったことを知っていただけたのではないかと思います。
今でこそ、私達も比較的整理して中越地震からの復興について、お伝えすることができてきましたが、震災2年目と言えば試行錯誤の連続ではなかったかと思います。

熊本の皆さんには、中越地震から13年後の様子を見ていただくことで、少しでも復興のイメージを持っていただき、これからの活動に何かしら役立てていただくヒントが見つかったのであれば、私たちとしてもうれしい限りです。