台風19号支援おたがいさまバス(11/30鹿沼市)


11月30日土曜日のおたがいさまバス第4便には、28名のボランティアの皆さんが参加され、鹿沼市でボランティア活動を行ってきました。

雪の新潟を早朝出発し、山を越えるとボランティア日和の良いお天気♪
台風19号の被害は広範囲に渡っているため、報道されない地域も多いと思います。そんな一つがここ。
中越地震からの繋がりで、チームかぬまの人たちとも一緒に作業できました。

着いたときは「ここ?公園って聞いていたけど、、、?」と目を疑うほどの状態で、かろうじて遊具と思わしき乗り物がひとつ。
ワラや木の枝、ビニールハウスの残骸?、イノシシよけフェンス、中には家族写真と思わしきものも。

「こういう場所は後回しになるんですよ。ありがとうございます。」と、地元社協さん。
いつもならこの時期、イルミネーションを飾る公園になるそうです。
地元のフェアトレードショップの方から、ボランティア向けのカフェの差し入れもありました。
「ありがとうございます。温まります。」「いえいえ、こちらのほうこそ、ありがとうございます。」

そんなやり取りに、寒い中、心も体もホットになリました。

ボランティアに参加された中学生から熟年層まで「はじめまして」の人たちと協力して、予定より早く作業終了!
参加された皆さんの主体的なマンパワーってやっぱりスゴイ!!

今回も、参加してくださったボランティアさんはもちろんのこと、差し入れしてくださった百姓会さん、フードバンク新潟さん、大場さん、等など、そして募金にご協力いただいた皆様のお陰で無事活動を終了致しました。
ありがとうございました♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA